誰も知らない!筋肉の為のクレアチンとアミノ酸との出会い!!

 

筋トレ効果を引き出すには筋肉に必要な栄養素を摂ることが必要になってきます。

 

筋肉増強に必要な栄養素、“クレアチン”と“アミノ酸”。

 

どのような効果の違いがあるのでしょうか?

 

 

 

 

クレアチンとアミノ酸、筋肉に与える効果とは?

 

 

 

【クレアチン】
クレアチンは必須アミノ酸の
アルギニン・グリシンから合成されたもので、
筋肉内でエネルギーを蓄えている物質の一つです。

 

 

 

クレアチンは体内で絶えず作られており、
普通の生活をしていれば不足する事はありませんが、

 

筋トレなどをすると、クレアチンの消費が多くなるので、
食事だけからの摂取が難しくなります。

 

 

 

そして、体内のクレアチンが不足すると
エネルギー不足で本来の力を発揮するのが困難になります。

 

ですから、サプリメントで補う事が大切になってきます。

 

 

 

※クレアチンの効果

 

1・筋肉を大きくするには、強度のトレーニングが必要になりますが、

 

クレアチンを摂取する事で強度なトレーニングにも耐えられる
エネルギーが供給されるので、筋肉を大きくするのにはとても重要な成分になります。

 

 

 

2・クレアチンは強度のトレーニングのサポートをしてくれるので、
筋トレの負荷を大きく出来、“筋力アップ”の効果が期待できます。

 

 

 

※おススメのタイミング

 

*クレアチンを摂取するタイミングですが、
クレアチンは炭水化物を摂取した時に分泌されるインスリンと言うホルモンによって運ばれてきます。

 

 

 

ですから、おススメのタイミングは“食後”か“トレーニング後”になります。

 

 

 

※注意点

 

*クレアチンは1日1回の摂取で良いのですが、
時々クレアチンを飲んで“お腹がゆるくなる”と言う人もいます。

 

 

それだと、うまく吸収されませんので、
“朝食後”“トレーニングの前後”の“3回に小分け”にして摂取されると良いかと思います。

 

 

*また沢山の量を摂取すると尿が増加する場合がありますので気を付けましょう。

 

 

 

【アミノ酸】

 

筋肉を作る時に必要なものの一つがアミノ酸になります。

 

そのアミノ酸は20種類あり、
体内で作ることが出来るアミノ酸「非必須アミノ酸」と
体内で作れないアミノ酸「必須アミノ酸」に分かれています。

 

アミノ酸のなかでも、
“バリン・ロイシン・イソロイシン”の三種類は“BCAA”と呼ばれ、

 

“筋肉の疲労回復”“トレーニングの持続時間”を
アップさせてくれる筋トレをする上でとても大切な成分になります。

 

 

 

さらに、アミノ酸はとても小さな成分なので、
摂取すると体への“吸収も早い”のが特徴と言われています。

 

 

摂取後30分でアミノ酸の血中濃度はピークになります。

 

 

ですから、筋トレして傷ついた筋肉を、
回復させるのには早いタイミングでの摂取が必要になって来る事を考えると、
アミノ酸は“効率よく筋肉を鍛える”為には重要な成分と言えます。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

筋トレの効果を上げるためには、
クレアチンもアミノ酸も大切な成分だと言う事がおわかり頂けたでしょうか?

 

 

効率よく筋肉を付ける為にも、
この様な成分をバランスよく摂り入れる事も必要ですね♪

 

 

 

>>金剛筋HMBの公式サイトなら!